お役立ち 豆知識

知っているととっても役立つ豆知識をご紹介します。

豆知識1

イラスト水栓金具の金属部分のメッキは、クレンザーなどを使うと傷ついたり変質することがあるので、カーワックスなどを染み込ませた布で磨きます。
その際、樹脂製品には付着させないように注意しましょう!

豆知識2

イラストもらいサビ」ってご存知ですか?
ヘアピンや鉄くずなど、他のものから出たサビが付着したものです。時間が経つと落ちにくくなるので、見つけたら早めにクリームクレンザーなどを雑巾につけ根気よくこすり落としてください。

豆知識3

イラストキッチンの排水口が詰まったら…まずはゴミを清掃し、それでも水が詰まるようならパイプ洗浄剤を使います。
頻繁に排水口が詰まるようなら業者にご相談ください。

豆知識4

イラストトイレの水を節約するため、タンクの中にビール瓶やレンガを入れる人がいますが、これはおすすめできません。
タンクの機能を妨げ、故障の原因にもなりかねません。

豆知識5

イラストタンクや便器の表面から水滴が落ちるのは、湿気による結露が原因です。
ひどい場合は、床まで濡らしてしまうこともあるので、すぐに拭き取るようにしましょう。

豆知識6

イラストフローリングと便器の隙間に、結露や小水が入り込んだままだと小水中のアンモニアによって黒いシミが発生することがあります。長期間放置しておくと、床材を腐らせる原因に!すぐに拭き取るように習慣つけましょう。

水まわりのトラブルと改善方法は、まだまだあります。以下ご参考になさってください。

<浴室、洗面所>

・ザラザラ、ヌメヌメの汚れ『水あか』『湯あか』

水道水に含まれるケイ酸が堆積したもので、放っておくとしつこい汚れになります。

  • ついてすぐ
  • 水洗いで簡単に落とせます。
  • 頑固な汚れ
  • 浴槽用中性洗剤でこすり落とします。浴槽の水面付近についた汚れは、洗剤をかけて2~3分おいてからこすると落ちやすくなります。

・白っぽくて固いザラザラした汚れ

浴槽の縁や浴室全体、洗面ボウルにも発生する汚れです。せっけん分や体の脂肪が、水道水に含まれるカルシウムなどの金属成分と反応してできる汚れです。

  • ついてすぐ
  • 浴室用中性洗剤で落とせます。
  • 頑固な汚れ
  • 浴室用クリームクレンザーでこすり落とします。こすりすぎて表面を傷つけないように注意してください。

・浴槽の水面近くの青っぽい汚れ

配管や給湯機内部の配管に使われている銅管から、わずかに溶け出した銅イオンとせっけんやあかに含まれる脂肪酸が反応してできます。

  • 頑固な汚れ
  • 浴室用クリームクレンザーで表面を傷つけないようにこすり落とします。
  • 予防の仕方
  • 浴槽にせっけん分やあかが残らないように、できるだけこまめにそうじをすることが最良の予防法です。

・黒や紫、ピンク色の汚れ『カビ』

湿度も高く栄養源となるせっけんやあかが豊富な浴室の壁・床のタイルや目地につきます。

  • 頑固な汚れ
  • カビ取り剤が効果的。
  • 予防の仕方
  • カビの栄養源となるせっけんかすなどの汚れを都度洗い流し、十分に換気して湿気を払います。

・茶色のザラザラした『さび』

さびは金属の表面が湿気や腐食性ガスに侵されて発生します。水栓金具などのめっき製品にも目に見えないごく微細な小穴があり、さびが発生することがあります。

  • 頑固な汚れ
  • 浴室用中性洗剤で落としてから、から拭きします。
  • 予防の仕方
  • 金属表面の汚れをこまめに取り除き、水滴を拭き取っておきます。

・プラスチックやステンレスについた『もらいさび』

濡れたヘアピンやカミソリ、スプレー缶などに発生したさびが浴槽のステンレスやカウンター、プラスチックなどに付着したものです。

  • 頑固な汚れ
  • 浴室用クリームクレンザーで表面を傷つけないようにこすり落とします。落ちにくい場合は、歯ブラシを使ってください。

・さびがステンレスに付着した『もらいさび』

器具そのものから出たさびではなく、濡れた缶などに発生したさびがステンレスやプラスチックなどに付着したさびです。

  • 頑固な汚れ
  • スポンジか歯ブラシにクリームクレンザーをつけてこすり、水拭き、から拭きします。
  • 予防の仕方
  • 濡れた物の置き忘れに注意します。

<トイレ>

・小水(アンモニア)のシミ

フローリングなどの床で、便器の脇などにできます。小水中のアンモニアが原因です。

  • 小水がこぼれたら応急処置としてペーパーで拭き取り、後で水拭きします。すぐに拭き取らないと、シミがドンドン広がります。特に小さなお子さんがいるご家族はこまめにチェックをしてください。

・白い『水あか』汚れ

水栓金具の先端や手洗器ボウルの吐水が落ちるところにつく汚れです。水に含まれているカルシウムやマグネシウムが、水分が蒸発した後そのまま残ってできます。

  • 水がつくとなくなったように見えますが、乾燥すると再び現れます。スポンジにトイレ用洗剤をつけて洗ってから水拭き、から拭きします。

・茶色の『水あか』汚れ

水が常に流れている所に発生しやすい汚れで、水の中の汚れが付着してできます。

  • 乾燥してこびりつくことはありませんので、ブラシでこすって落とします。

・便器や手洗器につくピンク色の汚れ

便器の内側や手洗器につく汚れです。空気中や水道水の中にいるバクテリア(細菌)が、汚れを栄養に繁殖してできます。

  • 栄養源となる汚れを残したままにすると繁殖が加速するので、スポンジやブラシにトイレ用洗剤をつけて洗い、水拭きします。

・光沢がなくなる『皮脂汚れ』

肌が直接触れる座面やカバー、操作パネル、ドアノブなどにつく、ぬるぬるしたり光沢がなくなったりする汚れです。放っておくとホコリと一緒になって黒ずみの原因となります。

  • 十分に絞った柔らかい布で拭きます。

・ザラザラしたうっすら白い汚れ

手洗器ボウルなどにつく『金属せっけん』と呼ばれる汚れで、せっけん分や体の脂肪分が水道水の金属成分と反応してできます。徐々に積み重なっていく、ザラザラした落ちにくい頑固な汚れです。

  • スポンジにトイレ用洗剤をつけて洗ってから水拭きします。

・金属やめっきにできる『さび』

めっきの表面に斑点状に浮きでます。ひどくなると緑青がふき、黒ずむこともあります。めっき製品にある目に見えない極微細な小さな穴に、水や湿気、腐食ガスが浸透して発生します。

  • しぼった布にTOTO水あかクリーナーを取って傷つけないように磨き、水拭き、から拭きをします。

・便ふたや便座にできる黒ずみ

脱ぎ着のときに発生する繊維羽毛や、トイレットペーパーのチリなどが静電気に吸い寄せられ、その上にさらにホコリがこすりつけられてできます。おしっこの飛び散りなど他の汚れと一緒になると落ちにくい汚れになります。

  • 十分に絞った布で水拭きし、時々はトイレ用洗剤で拭きます。から拭きはかえって静電気を起こしてごみを吸い寄せる恐れがありますので、避けてください。

<キッチン>

・熱によって炭化した『こげつき』

コンロに噴きこぼれた煮汁や油などが、熱によって炭化した汚れです。

  • ついてすぐ
  • 温かいうちに水拭きしてから、から拭きします。
  • 頑固な汚れ
  • スポンジに台所用中性洗剤をつけて円を描くように磨き、割り箸の先に布を巻きつけたものでこすり落とします。水拭き、から拭きをします。

・飛び散った油や油煙の『軽い油汚れ』

料理をするときに飛び散った油や油煙の汚れです。

  • ついてすぐ
  • 水拭きで落とせます。
  • 頑固な汚れ
  • スポンジに台所用中性洗剤をつけて落とし、水拭き、から拭きします。

・こぼれた食品がこびりついた『食品汚れ』

食べ物の汁やこぼれた調味料などの汚れです。放っておくと、器具の変色や変質を招くことがあります。

  • ついてすぐ
  • 水拭きで落とせます。
  • 頑固な汚れ
  • スポンジに台所用中性洗剤をつけて落とし、水拭き、から拭きします。落ちない場合は、クリームクレンザーをつかいます。

・水の中の汚れが付着した『水あか・湯あか』

シンクや水栓金具などにつく白い汚れです。水道水に含まれるケイ酸が次第に蓄積したもので、放っておくとやっかいな汚れになります。

  • ついてすぐ
  • スポンジに台所用中性洗剤をつけて落とし、水拭き、から拭きします。
  • 頑固な汚れ
  • スポンジにクリームクレンザーをつけて磨き、水拭き、から拭きします。

・細菌やカビが増殖した『ヌメリ』

排水口の排水トラップやゴミ収納バスケットなどにつく汚れです。細菌やカビなどの微生物が増殖してかたまりになってできます。

  • 頑固な汚れ
  • スポンジに台所用洗剤をつけて洗い、歯ブラシなどで網目などをこすり洗います。
  • 予防の仕方
  • こまめに汚れをおとして、栄養源をたちます。

・シリコンシール材につく黒ずみ『カビ』

キッチンカウンターと壁などの境目に使われる、ゴムのような見た目、手触りのシリコンシール材の黒ずみは、カビなどの微生物が原因です。

  • 頑固な汚れ
  • 割り箸の先に布を巻きつけ、住宅用弱アルカリ性洗剤を含ませてこすります。しばらくしてから水拭き、から拭きをします。
  • 予防の仕方
  • カビの栄養分である汚れや水分をこまめに拭き取ります。

・厚いゴム状に樹脂化した『油のこびりつき』

換気扇などにつく厚い汚れです。付着した油が長時間空気に触れて酸化し、樹脂化してできます。

  • ついてすぐ
  • ぬるま湯をかけて汚れをゆるめ、台所用中性洗剤をつけてスポンジで拭きます。
  • 頑固な汚れ
  • 洗剤を使う前に、へらなどで汚れをこそげ落とします。

・さびがステンレスに付着した『もらいさび』

キッチン器具そのものから出たさびではなく、濡れた缶詰などに発生したさびがステンレスやプラスチックなどに付着したさびです。

  • 頑固な汚れ
  • スポンジか歯ブラシにクリームクレンザーをつけてこすり、水拭き、から拭きします。
  • 予防の仕方
  • 濡れた物の置き忘れに注意します。

ここでご紹介した例はほんの少しで、これ以外にもいろいろなトラブルがあります。西部には水まわりに関する専門家がおりますので、悩む前に、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ TEL.0246-36-3517

株式会社 西部

水道工事、水まわり、リフォームのことならお気軽にご相談ください。

水まわり・リフォーム・太陽光発電

〒970-1151
いわき市好間町下好間字鬼越84

TEL.0246-36-3517

お問い合わせはこちら

スタッフブログ 水道屋さんのひとりごと

スタッフ紹介

ページの先頭へ戻る